FC2ブログ

夢現の妄想

好きな時に好きなことを好き勝手書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【訃報】ヤマグチノボルさん死去

4月4日、作家のヤマグチノボルさんがお亡くなりになりました。
彼の代表作は言わずもがな「ゼロの使い魔」です。
この作品はMF文庫Jを代表する大ヒット作となりアニメも4期までやりましたし本当に凄いです。

しかし41歳とは・・・・ 若すぎるよ先生・・・・・

私の高校時代の友人にゼロの使い魔の大ファンの子がいるんですけど彼と仲良くなったのはこの作品がきっかけとなったおかげでした。

2011年の7月ごろに
「八月にたぶん、ちょっと大きいシリツします。でもね、この病気でシリツできるってすげえラッキーなの。手術できるだけで奇跡に近いの。まるでエロゲのシナリオのような奇跡が。つながれ。
オレの命。」
「もうダメだ、なんて諦めてたけど、シリツができるんなら、永らえる可能性もないことはない。
生きてえよほんと。この世はこんなにも愛おしい」
「シリツできなかったら、最後の夏かもしれんかったの。だから堪忍な!畜生生きるぞ。
死んでたまるか」
とTwitterで呟かれ、
シリツは手術の事だと容易に予想できたので
どうしたんだろう、そんなに大変な病気なのか!?
大丈夫だよな、ヤマグチさん・・・
と思っていたら数日後にメディアファクトリーの公式HPで末期ガンであると発表されあの時は友人共々大きなショックを受けました。
しかしその後、手術は無事に成功したと報告され本人も療養されながら積極的Twitterでファンと交流されていたのでもう大丈夫かなと自分の中で思った矢先での発表でした。

ゼロの使い魔は現在20巻まで出ていて、最終巻は22巻と発表されているのでこのまま絶筆となる可能性が高いです。
これまでこの作品を応援してきた読者たちは最終巻まで読むことができず残念だと思うでしょう。
でも誰よりも一番悔しいと思うのはヤマグチさん本人でしょう。
去年の9月に「最終巻までのプロットはできたのであとは一気に書くだけ。」と言われていたので
もしかしたら誰かがそのプロットを引き継ぎ書き上げることになるかもしれません。
もしこのような形で続刊が出ることになったとしたら多分賛否両論分かれると思います。
でも、そういう形になったとしても完結させることができたならヤマグチさんは喜ばれると私は思います。

ヤマグチさんとグリーングリーンなどPCゲームやノベライズでたびたび交流のあった片倉真二さんが病室でこのような事を聞いたそうです。

「ノボちんは生まれ変わったら何になりたいの?」と

そうしたらヤマグチさんはこう言ったそうです。

「もう一度自分に生まれ変わりたい。すっごく幸せだったから」

私がもしガンと宣告されたらこんなこと言えるのだろうか。
末期がんだと宣告されてから2年余りにわたりガンと壮絶な戦い、
抗がん剤の副作用もつらかったと思います。
そんな彼が幸せだったと。。。
彼なりに自分の人生を満足のいくまで走り切ったんですね。

今の私は多分同じ質問をされてもこんなこと言えないでしょう。
だからもし私が死に際に同じ質問をされたときは胸を張って悔いのない最高の人生だったと言えるよう、これからもっとたくさんの出会いをし、様々な事を経験していき楽しい人生を歩んでいきたい、そう思いました。

ヤマグチノボルさん、本当にお疲れ様でした。


スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<男子高校生の日常が実写化決定って、え!? | ホーム | 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's BD 購入!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。